人生一度!死ぬまでにどれだけ趣味を持てるかで勝負!あらゆる趣味を中途半端に極めよう的ブログ
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
応援よろしくお願いします!
人気ブログランキングへ
RECOMMEND
<< mazda famiria coupe&skull car | main | テールランプ交換 >>
スポンサーサイト
category: - | author: スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | - | - | PAGE TOP↑
ice fall
category: B-spot | author: bigblockshake


本川村の氷室の大滝に行ってきました。

氷室の大滝は江戸時代、この近くの氷室に切り出した氷を保管し、当時の藩主山内忠義に献上したそうです。



知り合いのおばちゃんに携帯の画像で凍った滝をみせられ、「ひょえーっ!」
度肝を抜かれたのがここに来たきっかけ。



おばちゃんにアクセス方法や所要時間、道路状況など執拗なまでの聞き込みを行い望んだはいいが、現地で滝つぼに向かうまでに雪山をひた彷徨いました・・・

昼食を摂ってなかったため、襲い来る土佐の妖怪「ヒダル※」を持っていたアメ玉でかわしつつさらにグイグイ登る。

※ヒダル・・・空腹によるハンガーノック、低血糖で動けなくなることを昔の人はヒダルという妖怪に取り付かれたと思っていたのです。



1時間ほど彷徨ったあげく、迷っていることに気づき引き返す。

結局登山道入り口から徒歩5分のところに滝つぼへの入り口を発見。



この看板を見たあなたはすでに行きすぎです。

引き返してもう一段下で入り口を探しましょう。

「大たび滝つぼ」の文字が消されているにも関らず、捻くれ者の僕はこの看板を左折し、危うく滑落するところでした。

こういう人が山で命を落とすんやろうな・・



直下から大滝を望む。

重みで割れたツララがバンバン落ちてきているので、これ以上近くに行くのはムリ。危険です。

3時間ほど一言も発していなかった僕は、人に会えた嬉しさもあいまって、大月町から来たというお客さんに思わず「ここ分かりにくいですよね!僕は間違えてずっとずっと上まで行ってました!どうせなら上の看板を・・・」とこれまでの不満をぶちまけてしまいました。

めんどくさかったと思います。すいませんでした・・



さて、この滝、水量は少なめですがスラっと細い線が約35メートルの落差から流れ落ちる様も神秘的で一見の価値はあります。

以前は石槌の修行僧もこの滝に打たれていたそうです。

秋には紅葉もキレイで、年中違った表情を楽しめます。



このツララを維持するために上からパイプで分水し、ノズルでしぶきに変えて壁面に吹き付けています。




 
今回の反省

一、事前調査はしっかりとすべし!
一、メシを食っていくべし!
一、初対面の人に愚痴るべからず!

おしまい
comments(3) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
スポンサーサイト
category: - | author: スポンサードリンク
- | - | - | - | PAGE TOP↑
すげぇ!!
まさしくこーいった自然の驚異なるものを現実としてlive(生)で見ることにすごく興味をひくよ!
俺ももっといろいろ見なきゃ〜
by Yuilley (2012/01/16 1:46 PM)
妖怪ヒダルを交わすとは流石!っていうかこんなとこあったんやね!!マジですごい!!
by johnny (2012/01/17 10:45 PM)
ゆいちゃん
めっちゃ自然の神秘やった。
一見の価値はあるww
ゆいちゃんもオッパイばっか見とったらあかんで〜!

johnny氏
ポケットにアメ玉が入ってなかったら、完全にこの世とオサラバよ!
長沢ダムの近くやね。。
by talow (2012/01/20 12:37 PM)






人気ブログランキングへ
この記事のトラックバックURL : http://spindle-drive.jugem.jp/trackback/123
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
     人気ブログランキングへ
PROFILE
OTHERS
SEARCH